さくらんぼ狩りを楽しむためのマナーや注意点!-さくらんぼ狩りバスツアーならココのツアーが私のお勧めです。

さくらんぼ狩りを楽しむためのマナーや注意点!

 さくらんぼ狩りのマナー!

さくらんぼ狩りを楽しむためのマナーについて説明します。

バスツアーでさくらんぼ狩りを楽しむためにはマナーを守ることが大切です。

ツアーは集団行動となりますから、スムーズにツアーを楽しむためにもマナーは守らなければなりません。

どういったマナーを守らなければならないかと言えば、必要以上のさくらんぼを採るのはやめましょう。

また、少し齧っただけで捨てるなどという行為は、せっかく育ててくれた生産者の方に失礼です。

自然のものですから、酸っぱいものもあれば甘いものもあります。

どんなものでも美味しくいただくことがマナーです。

さらに、枝を折らないことがマナーです。

さくらんぼを取る時には、枝を折らないように特に注意が必要です。

来年以降も美味しいさくらんぼをつけるためには良質な枝が必要です。

そのため、枝を傷つけないように楽しむことが大切です。

さくらんぼのヘタは用意されたゴミ袋にしっかりと捨てるようにしましょう。

決してその場に捨ててはいけません。

ゴミはきちんとゴミ箱に捨てることがマナーです。

さらに、時間は厳守しましょう。

みんなでさくらんぼ狩りを楽しむためにも、狩りの時間は思いっきり楽しみ、終了の時間になったら係員の指示に従ってくださいね。

 さくらんぼ狩りの注意点!

バスツアーでさくらんぼ狩りに行く時に、気をつけた方が良いことについて説明します。

しっかりと事前に注意点を知っておくだけで、安全かつ楽しくさくらんぼ狩りを楽しむことができます。

さくらんぼ狩りは、基本的には持ち帰ることができないので注意してください。

さくらんぼ狩りといっても、何でもかんでも採って良いということではありません。

自分が食べる以上に取ることはできません。

採りすぎた場合には、返品か買取になりますので注意してください。

さらに斜面などもあるので、ハイヒールなどの靴は危険です。

しっかり動きやすい靴で楽しみましょう。

スニーカーなどがオススメです。

脚立などを使う場合がありますので、女性の方は短いスカートは避けた方が無難です。

脚立を用いた時に、足を滑らせやすくなります。

その際に、枝を掴んで折ってしまうことのないようにしてください。

枝は次の年にまた美味しいさくらんぼを実らせるために大切な部分です。

くれぐれも注意してください。

バックやリュックサックの持ち込みは禁止されていますのでご注意ください。

さくらんぼ狩りができる時間は決められており、しっかりと時間を守って楽しむようにしましょう。

 さくらんぼ狩りを楽しむために!

さくらんぼ狩りを楽しむためのマナーと注意点について説明してきました。

美味しいさくらんぼを見分けるためには、よく色づいた形の良い大きいものが甘みと果汁が詰まっていることを知っておくと良いです。

また、よく太陽が当たっている場所にこのような美味しいさくらんぼが実っていることが多いです。

太陽が当たる場所といえば上の方にあるさくらんぼということになりますから、脚立を使う必要があるかもそれません。

だからこそ、短いスカートが気になって思い切り楽しめなかったりしないようにしましょう。

また、肥沃な土地にさくらんぼは実っています。

そのため、サンダルなどの履物は足が汚れてしまいがちです。

こうした理由で、スニーカーなどの動きやすい靴が望ましいので、さくらんぼ狩りに行く場合には注意してください。

とっても美味しいさくらんぼですから、当然虫や動物も寄ってくることがありますので露出の多い服装は避けるべきです。

果樹園の入口の近くは、すでに前のお客さんが食べてしまっていることが多いです。

果樹園の中でも、入り口から遠い場所には、まだ美味しいさくらんぼが残っていることが多いので、豆知識として頭に入れておいてください。

バスツアーでさくらんぼ狩りに行く時は、マナーと注意点をしっかりと守って楽しむことが大切です。